ゴミ焼却が新たなホットスポットを作る:ガンダーセン氏 | アーバンプレッパー

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

アーバンプレッパーさんの記事から、「冷温停止詐欺」    – 「冷温停止詐欺」ww ホント最近詐欺祭りですね!

– 詐欺と隠蔽は東電のお家芸www

– 今年の流行語は「インペイ」で大々的に「バレる!」という展開なら楽しいんだが、この国のことだから「なでしこジャパン」はいいとして、「マルモリに」や「ラブ注入」が「脱原発」や「震災」を抜いて上位に入るでしょう。http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20111111-861890_m.html 

-このブログ記事には、「日本各地での瓦礫の受け入れが、新しいホットスポットを“製造”していくのです」と書かれていますが、これは要確認です。 ガンダーセン氏が言っているのは、
「東京の家屋での空気フィルターの放射線の値が、先月(9月)上昇している」
「これは東京の周辺と日本中でゴミを焼却したことによって、セシウムが再揮発(再浮遊)し、そのため放射能の値が変化し始め、新たなホットスポットをつくり始めたのだ」
ということです。 9月の時点ではまだ被災地の瓦礫受け入れは始まっていません。つまり、我々東京都民が自分たちの出したゴミで再び被曝しているのです。 ちなみに、東京都内に60カ所くらあるゴミ焼却施設の焼却灰のセシウム濃度は、7月分だと平均およそ2000Bq/kgくらいです。
(宮古から受け入れ中の瓦礫を焼却した灰は133Bq/kgです)
先日の発表された早川先生のマップでも都内の汚染状況がうかがえますね。
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-439.html 
Via prepper.blog.fc2.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中