ドイツ在住の日系アメリカ人海外の疎開先を紹介する活動を行っています。 Save Japan 3.11 connexion – Social Empty House for refugees 里山空き家バンク 被災者支援

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

Save Japan 3.11 connexion – Social Empty House for refugees 里山空き家バンク 被災者支援…     ドイツ在住の日系アメリカ人Cheryl Martinezが設立したボランティアグループOpen Your Heart Open Your Home(http://www.facebook.com/openyourhome)は2011年3月11日の東北沖大震災で被害を受けた日本の方々に、海外の疎開先を紹介する活動を行っています。主にCherylとシアトル在住の私でドイツ、アメリカ西海岸、フランスでの一時避難の受け入れをアレンジしてきましたが、日本からの問い合わせ数に比べドイツの滞在先を見つけることが非常に困難になっています。そこで、ドイツ在住の日本人の方で受け入れ先の募集・調査、ゲスト・ホスト間のメールなどによる連絡などをお手伝いして下さる方を募集しています。 以下がプロジェクトの内容・利用条件です。
http://www.facebook.com/note.php?note_id=225898184131149 
http://www.facebook.com/note.php?note_id=225895857464715  – 観光ビザで滞在できる90日までの短期疎開のみを紹介
それ以上の長期滞在(移住・留学)については各自が専門の機関で行う – ゲストの今までの日本居住地の限定はないが、ホストが「福島」「関東」など地域を指定する 場合もある – 家賃はほとんどの場合無償 – ゲストは渡航費の他に食費、現地での交通費(バス・電車代、車を貸してもらえる場合はガソリン代・保険料)、その他観光や日用雑貨(オムツなど)の費用を自己負担する – 光熱費の一部負担についてはホストにより事情が異なるため、紹介後個別に相談 – 費用について誰がどれだけ払うか、家賃無料の代償にどれだけ家事を手伝うべきか、などは必ず事前に取り決め文章(メールなど)で承認する – 特に子供連れには海外旅行保険の加入を強く推薦 流れとしては疎開希望のメールを受け取った後、その方の希望に合うような物件をマッチングして紹介、その後は当事者同士で英語(または他の外国語)を使って連絡をとっていただく、というものです。 私たちの持つサーバーには200件以上の受け入れ先の登録がありますが、そのほとんどは震災直後の3月・4月に登録されたもので、現在も受け入れ可能という方は少ない状態です(確認作業も進行中です)。また希望の多いベルリン、フランクフルト、デュッセルドルフなどの大都市での受け入れ先は現状のデータバンクには全くないことから、そのような都市を中心とした疎開先募集のお手伝いを特に必要としています。避難希望者のなかには「最低限の家賃を払います」という方もいらっしゃいますので、土地勘があり不動産探しをお手伝いしていただける方も大歓迎です。 興味のある方は上記Facebookアドレスかmidori_m@hotmail.comまでご連絡下さい。
みなさまのご協力をお願いいたします。 クラーク(村井)みどり   – 在ドイツ邦人の方へ、ご協力をお願いします。
直接アレンジ作業などが出来なくても、現地の受け入れ先をあたってみたり、協力団体などをご紹介してくださるのも歓迎です。

-ドキュメントのアップありがとうございます。現在ベルリンで女性1人が12-1月の2カ月間滞在できる場所を探しています。1月300ユーロぐらいなら出せるそうです。お心当たりのある方はご連絡下さい! 他にもベルリンかハンブルグに滞在希望の方がいらっしゃいます。
Via www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中