残った住民も同様に原発賠償 自主避難で紛争審査会 – 47NEWS(よんななニュース)

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は10日、東京電力福島第1原発事故で自主避難した住民への賠償に関して議論し、避難せず自宅などに残った住民についても、避難住民と同…      よかった。さらに踏み込んでほしい。とにかく原賠審は重要です<= 文科省の原子力損害賠償紛争審査会(原賠審)、11月10日の会合で避難区域外住民への賠償範囲拡大の方針。
・事故直後からしばらく経って自主避難した住民にも賠償。子供と妊婦に重点。
・避難区域外で自主避難しなかった住民にも賠償。補償額には避難した住民とあまり差をつけない。市町村単位。
・生活費の増加や精神的苦痛への賠償を避難区域外に拡大。福島県を中心に市町村単位。 (以下、出所)
原賠審、自主避難しなかった住民にも賠償の方針。対象区域は原発からの距離でなく市町村単位に設定で合意。「紛争審査会は月末にも、対象区域や支払い金額のめどとなる指針を公表する方針。指針に基づき、東電が賠償の算定基準を検討する。」
[自主避難で紛争審査会、残った住民も同様に原発賠償] (2011/11/10 時事通信) http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111001000777.html  原賠審、避難区域以外からの自主避難への賠償(9月)に続き、避難せず留まった人の精神的苦痛も賠償の対象で合意。賠償額に大きな差を設けない方針。対象市町村は結論出ず。
[原発 地元とどまった人にも賠償へ](2011/11/10 NHKニュース) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111110/t10013882363000.html  10月の原賠審で自主避難者から聴取の結果、逃げられない人もいる、残る人たちへの賠償が必要との意見が出た。それに対して10日の会合で反対意見なく方針決定。また、自主避難者の賠償可否は避難時期によるとした方針を見直し。「期間を峻別しすぎるのはよくない」などの意見が相次いだため。
[自主避難しなかった人も賠償対象 原賠紛争審が方針] (2011/11/10 朝日新聞) http://www.asahi.com/national/update/1110/TKY201111100578.html  [子ども・妊婦への賠償重視=「自主避難」めぐり―紛争審] 原賠審、一定期間(定義は引き続き議論)経過後に低線量被曝懸念で避難した場合は、子どもや妊婦を中心に賠償する方向 (2011/11/10 朝日新聞) http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201111100160.html  [避難指示区域外の精神的苦痛も賠償対象に] 原賠審、合理的な範囲で生活費の増加や精神的苦痛など賠償対象で合意。福島県を中心に市町村単位、事故発生当初と一定期間経過後に分け賠償額算定。8月中間指針は区域内のみ(2011/11/10 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111110-OYT1T01112.htm  
Via www.47news.jp

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中