2011年11月16日 「フランス リヨン美術館 小さなルーブルと花の画家たち」 BS朝日 – 世界の名画 ~美の殿堂への招待~

Via Scoop.it地球のつながり方

旅先で訪れる、世界各国の美術館。あこがれの名画に魅了され、知られざる名作に心躍る、至福の時間。美の殿堂を、美術館をのぞけば、それを育んだ歴史が見えてきます。美術館の不思議な魅力。そこに秘められた物語を探ります。…      2011年11月16日
「フランス リヨン美術館 小さなルーブルと花の画家たち」 フランス南東部に位置し、絹織物の産地として有名な古都リヨン。町が誇るリヨン美術館は、一地方美術館でありながら、ルネサンスやバロックの名作を数多く所蔵し、広く美術史を見渡すことができます。こうした名画をリヨンにもたらしたのは、皇帝ナポレオンでした。絹織物産業をさらに発展させようとした彼は、素晴らしい美術館をこの町に作ることで、優れた図案職人を育成しようと考えたのです。
その後も美術の最新の動向にアンテナを張り、意欲的な収集活動を展開したリヨン美術館の第二の見どころは、フランス近代絵画の巨匠たちの作品です。特にドガの「カフェ・コンセール、アンバサドゥール」は見逃せません。
さらに、絹織物とこの町の歴史が生み出した「リヨン派」の傑作も紹介。
美しいリヨンの風景とともに、「小さなルーブル」と呼ばれる魅力的な美術館の名作の数々をご堪能いただきます。
Via www.bs-asahi.co.jp

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中