「長期の低線量被曝」ようやく有識者会議 12月報告書

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

「長期の低線量被曝」ようやく有識者会議 12月報告書 年間20ミリシーベルトに満たない被曝(ひばく)が長期間続くと人体にどんな影響があるのか――。専門家でも意見が割れる「長期低線量被曝」について、政府内で検討が始まった。親たちの不安を背景にようやく動き出したもので、12月上旬に報告書をまとめることになった。 検討を始めたのは、内閣府に設けられた有識者による「低線量被曝のリスク管理に関するワーキンググループ」(共同主査=長瀧重信・長崎大名誉教授、前川和彦・東大名誉教授)だ。今月9日に初会合を開き、週1~2回のペースで12月上旬まで計8回の会合を予定。細野豪志原発相ら政務三役も随時加わって、議論を重ねている。 最大のテーマは「年間20ミリシーベルト」で線引きすることの是非だ。これは、東京電力福島第一原発事故で設けられた計画的避難区域や特定避難勧奨地点の基準となっている。 朝日新聞デジタルでは、以下のような関連記事も読めます。登録はこちら http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20111118/1321603389    長瀧重信氏「セシウム飲んでも影響はない」 投稿者 iooi5009
日本政府の口癖「ただちに健康に影響はない」は、チェルノブイリ原発事故死者数43人という世界とかけ離れた認識のもとで言っていたのか?! 原発推進組織IAEAの圧力を受けているWHOですら9,000人。 官邸発表にかかわった長瀧重信 長崎大学名誉教授の「チェルノブイリで相当にたくさんのセシウムを飲んだ子供たちの体、25年たっても影響がない」という見解に田中優氏があきれる日テレの放送がこの動画。 ■チェルノブイリ原発事故 死者数認識 立場が違うとこんなに違う ◎日本政府官邸発表 原発内28人 周辺住民15人http://bit.ly/gisJwM
(しかも事故後清掃作業に従事したり、周辺住民で被爆した方の健康にも影響はないとしている。軍の発表ですら「2万人が死亡、20万人が今でも障害に苦しんでいる」としているのにhttp://bit.ly/n0qjED) ◎IAEAの圧力を受けてWHOが減らしたとされる人数 4,000人
http://bit.ly/f6YfGo  ◎その後WHOが修正した人数 9,000人
http://www.47news.jp/CN/200604/CN2006041401001646.html  ◎国際がん研究機関(IARC)1万6000人
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20110603-00020319-r25  ◎ソ連側の事故処理責任者による推計 4万人
http://bit.ly/gjTsws  ◎ニューヨーク科学学会発行
チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響 98万5千人
http://bit.ly/gEMlYI  ■IAEAの制限を受け続けるWT0について
http://bit.ly/ohp6gX 
http://bit.ly/oacTUy  ■事故後、先天的な病気を持つ子供の数はベラルーシで2倍に増えた。
http://www.youtube.com/watch?v=ZK7T6BDiB1c&feature=related  ■人体への影響は比較的少ないといわれてきた地域に、
高濃度汚染地域に匹敵する人体汚染が起きていることがわかった。
http://www.youtube.com/watch?v=VC_hIrfuBVw&feature=related    http://www.dailymotion.com/video/xj8p6i_yyyyy-yyyyyyyyyyyyy_tech  長瀧重信氏「セシウム飲んでも影響はない」   長瀧 重信(ながたき しげのぶ、1932年 – )は日本の医学者。長崎大学医学部長、放射線影響研究所理事長などを歴任した。
目次 [非表示]
1 経歴
2 研究・著作
3 脚注
4 外部リンク
経歴 [編集] 東京都生まれ。東京大学医学部卒業後、内科に入局しハーバード大学医学部に留学。東京大学附属病院外来診療所医長、1980年長崎大学医学部教授(内科学第一教室)、学部長、放射線影響研究所(広島・長崎)理事長などを歴任。長崎大学名誉教授、国際被ばく医療協会名誉会長。
長崎大学時代に被爆者の治療や調査にあたっており、チェルノブイリ原発事故がもたらした健康被害の調査活動や東海村JCO臨界事故現場周辺住民の健康管理にかかわった[1][2]。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%80%A7%E9%87%8D%E4%BF%A1 長瀧重信 – Wikipedia
Via www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中