シルクロードの旅II:ヨーロッパが憧れた幻の青い磁器|THE世界遺産

Via Scoop.it地球のつながり方

シルクロードの旅II:ヨーロッパが憧れた幻の青い磁器 放送内容
遺産データ・アクセスガイド 古都イスファハーン(イラン) 砂漠のオアシスに築かれたペルシアの都。街の中心を成すのはイマーム広場。
美しい青いタイルで飾られたイスラーム建築が並ぶ。
サマルカンド(ウズベキスタン) かつてのティムール帝国の都。サマルカンドブルーと呼ばれる青は、ペルシアから伝わった顔料、コバルトの青だった。
故宮(中国) かつて紫禁城と呼ばれた皇帝の宮殿。現在は博物館となった。
所蔵の文物に「青花」がある。中国の磁器とペルシアの青が出会い、誕生した。
ゴール(スリランカ) シルクロードの時代、宝石や香料を求めるアラビアの商人が行きかった。
16世紀以降は、ヨーロッパの列強が次々と支配。要塞都市となった。
イスタンブール(トルコ) かつてのオスマン帝国の都。博物館となったトプカプ宮殿には、世界中から集められた宝が眠っている。そこに中国の「青花」があった。
アムステルダム(オランダ) 干拓で生まれた環状運河の町。この水の都に巨万の富をもたらした商人たちは、自ら磁器の製作に挑む。生まれたのがデルフト焼だった。
ドロットニングホルム(スウェーデン) 湖畔に立つゴシック様式の宮殿。その離宮は、中国趣味であふれている。
磁器の間には、中国から輸入した絵皿や壷が並ぶ。
ヴェルサイユ宮殿(フランス) 絶対王政のシンボルとなった宮殿。王妃マリー・アントワネットが愛した
セーブルの食器。それは、中国への憧れが生んだものだった。 海のシルクロードを東から西へ。
中国が生んだ磁器はヨーロッパの宮廷が求めた最高の贅沢品。
なかでも一番の憧れは、素朴で清楚な「青花」だった。青い染付けに必要な顔料はペルシアから伝わったもの。ペルシアと中国の技術が溶け合い「青花」が生まれた。
西へと向かう航海は苛酷なもの。多くの船が難破しながらも、中国の宝をヨーロッパへ運んだ。王侯貴族に流行した中国趣味は、やがてマイセンやセーブルを生み、新しい文化を生んだ。
Via www.tbs.co.jp

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中