時事ドットコム:除染 写真特集

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質のうち、半減期が約30年と長いセシウム137が、2011年3月20日からの1カ月間に中部や中国、四国地方の山岳地帯や北海道の土壌に沈着した可能性があることが分かった。米大学宇宙研究協会(USRA)や名古屋大、東京大などの国際チームが11月14日までに行ったシミュレーションの結果で、米科学アカデミー紀要電子版に発表される。画像は原発事故で放出されたセシウム137の沈着分布推定図(土壌1キロ当たり、単位ベクレル)。(米科学アカデミー紀要提供)
これらの地域の大半は人体に影響を及ぼしたり、除染が必要だったりする汚染濃度ではないと推定される。ただ、局所的に濃度が高いホットスポットが存在する可能性があり、詳細な調査が必要という(2011年11月14日) 【時事通信社】
Via www.jiji.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中