Fukushima – Les ” Hots spots ” qui affolent les compteurs Geigers

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

Carte de la radioactivité autour de Fukushima 08/11/11 Voici une carte de relevés effectués le 8 novembre 2011 par le ministère de l’éducation, culture, sport, science et technologie (MEXT) et la Japan Atomic Energy Agency (JAEA). On constate la présence de « points chauds » (c’est à dire de pic de radioactivité) de l’ordre de 11µSv/h à Iitate [33], 15.8µSv/h, 20.5µSv/h et 33µSv/h à Namie [32] [81] [83]. La radioactivité est donc détectée de façon très aléatoire sur le territoire à la manière des taches de léopard. L’étude complète se trouve sur le site de MEXT: http://radioactivity.mext.go.jp/en/monitoring_around_FukushimaNPP_monitoring_out_of_20km/2011/11/21317/index.html  
Via kibo-promesse.org

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中