セシウム、牛の筋肉に蓄積 福島の警戒区域、東北大調査  :日本経済新聞

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

この記事はもうどなたかが投稿済みでしょうか? 警戒地域内で野生化した牛がどのくらい内部被曝しているか調査。 ★放射性セシウムが筋肉に多く蓄積しており、濃度は血液中の20~30倍。
★セシウムの濃度は親牛に比べて胎児では臓器にかかわらず、ほぼ1.3倍高。
★血液中の放射性セシウム濃度が1キログラム当たり60ベクレルの場合、ももの筋肉の濃度は同1800ベクレル、舌や肝臓などの濃度は筋肉よりも低く、血中濃度の10倍程度。甲状腺には放射性セシウムはほとんど沈着せず。 ★「放射性テルル129m」が腎臓、「放射性銀110m」が肝臓に蓄積。
☆放射性テルルは26頭中5頭でごく微量検出。放射性銀は26頭すべての肝臓に蓄積。被曝線量はほとんどが1キログラム当たり100ベクレル以下だったが、最大同500ベクレル蓄積している牛もいた。肝臓にたまった放射性銀の濃度は血中濃度の25倍だった。放射性のテルルと銀の内部被曝状況が分かったのは初めてという。   東北大学加齢医学研究所の福本学教授らのグループは、福島第1原子力発電所の事故に伴い警戒区域に指定された地域で野生化した牛の内部被曝(ひばく)状況を調査した。放射性セシウムが筋肉に多く蓄積しており、濃…
Via www.nikkei.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中