欧州 美の浪漫紀行2~南フランスが生んだ ふたりの巨匠 セザンヌとロートレック~ BSジャパン 欧州 美の浪漫紀行2

Via Scoop.it地球のつながり方

南フランス、プロヴァンス地方の観光の拠点エクス=アン=プロヴァンス。この街で生まれた画家セザンヌは、パリではなかなか評価を得られませんが、故郷のアトリエで独自の表現方法を探求。「近代絵画の父」と呼ばれるようになりました。一方、バラ色の街アルビで生まれたロートレック。パリで才能を認められ、華やかで退廃的なパリの人々を描き続けました。対照的な二人の画家を生み出した、南フランスの二つの街を巡ります。   美にこだわり、美をテーマにヨーロッパを旅する『欧州 美の浪漫紀行Ⅱ』。旅の始まりは「美術館」。コレクションをゆったり鑑賞することは勿論、名画や美術館などが、なぜ誕生したのか?その背景には何があったのか?そんなロマンを求めて街へ。そこから壮麗な宮殿や教会、神秘の大自然、音楽、文化、グルメ…さまざまな美と出逢い、その国の魅力を堪能する(美術)紀行番組です。…
Via www.bs-j.co.jp

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中