【汚染】被曝予防に花粉マスク有効 セシウム通さず 東大実験。林野庁の調査は福島県のスギ林(132箇所)及び15都県(調査期間11月25日~平成24年1月31日) | SAVE CHILD

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

福島県の放射線量の高い地域や栃木県や群馬県のセシウム沈着量の高い地域の花粉の汚染状況が気になるところです。11月30日に横浜で開かれた日本放射線安全管理学会学術大会で東大アイソトープ総合センターの桧垣正吾助教らが、花粉用マスクをつければ、浮遊しているセシウムをほとんど吸い込まず、内部被曝を減らせるとの実験結果を発表しました。林野庁は、平成23年11月25日(金曜日)から、スギの雄花やその内部の花粉に含まれる放射性セシウムの濃度の調査を行なっています。「福島県内での雄花の採取は、12月9日(金曜日)に終了予定」となっているので、福島県内の花粉については今年中に結果を発表してくれるかもしれませんね。…
Via savechild.net

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中