Facebookを利用している学生は社会人基礎力が総じて高い傾向

Via Scoop.it地球のつながり方 Tikyu Tunagari

インターワークスは3日、全国の大学生・専門学生300名を対象に、L.L.Planningとおこなった「ソーシャルメディア利用と社会人基礎力」の調査結果を公表した。 調査期間は4月21日から6月30日。ソーシャルメディアの利用実態の調査と併せて、社会人基礎力の診断をおこない、ソーシャルメディア上の学生の社会人基礎力を調べた。 なお、「社会人基礎力」とは、2006年から経済産業省が提唱している“ 職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力 ” 。前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力の3つの能力(12の能力要素)から成る。 今回の調査によると、Facebookを利用している学生の社会人基礎力は、ソーシャルメディアを利用していない学生に比べて、全体的に高い傾向にあることが分かった。とくに主体性(9.1ポイント)、創造力(7.9ポイント)、課題発見力(6.7ポイント)、発信力(6.2ポイント)の能力要素で顕著に現れた。   また、mixiやTwitterを利用している学生に関しては、ソーシャルメディアを使用していない学生との大きな差異はみられなかった。   なお、利用頻度の高いソーシャルメディアについては、mixi(56%)、Twitter(33%)、Facebook(11%)の順となっている。  
Via www.venturenow.jp

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中