次世代コミュニケーション空間研究会では超臨場感のテレビ会議システムや電子黒板、ネットワーク化されたコピー機やホワイトボードなどにより震災でバラバラになった小学生…

Via Scoop.it地球のつながり方 震災復興

次世代コミュニケーション空間研究会では超臨場感のテレビ会議システムや電子黒板、ネットワーク化されたコピー機やホワイトボードなどにより震災でバラバラになった小学生、中学生の遠隔授業での同級生再開の機会を創る企画をはじめます。 1/18日13:30からオープンなワークショップを行います。次世代コミュニケーション空間研究会この研究会は複数地点を結び、超臨場感技術などにより同じ空間にいるかの感覚により、会話や会議、商談を効果的に進める技術や演出を考えます。 また、異文化多言語のコミュニケーションの促進を可能とする空間作りとして世界を結ぶ次世代多言語支援テレビ会議システム『複数地点ネットワーク多言語複数参加者同時コミュニケーン対応型施設(仮称)』を活用した「グローバル・ナレッジマネジメント支援事業」と「ナレッジサロン」の研究も行います。会話をすれば媒体が翻訳通訳ができる未来の会話支援機能となります。会議室やサロン、商業施設や住宅などの空間と言葉を超越して結ぶ未来の空間研究です。このことにより建物や不動産の価値も創造することに結びつきます。…
Via www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中