行っちゃった年、やってきた年

Via Scoop.it地球のつながり方 旅の本編

ゆく年来る年というには年明けてしまったので。2012年もイタリア情報発信しますので、よろしくお願いします。去り行く2011年と迎えた2012年のフィレンツェの様子です。La chiesa di San Frediano in Cestello(サン・フレディアーノ・イン・チステッロ)。フィレンツェ・ツアーデスクから100歩ほど行くとアルノ川。そこに架かる橋がヴェスプッチ橋で、その橋を渡った向こうにあるのがこの丸天井をもつ教会。ここには昔ピサからの船による襲撃を防ぐために設けられた堰がありその手前で流れが止まったような水面を見せています。この鏡のような水面に映る空はいつも美しいので記念の一枚にお勧めです。シニョリア広場に立つ市庁舎、ヴェッキオ宮殿。夜の帳がおり始めたころ、月がかかっていました。ヴェッキオ橋の一本下流にかかるのがサンタ・トリニタ橋。フィレンツェ市のマークが投影されるライトアップ。フェラガモ本店前のイルミネーション・デコ。大晦日は街中に人が繰り出して年越しコンサートを楽しんだようです。花火&爆竹も今年は控えましょうという呼びかけもあったのですが、それなりに激しく打ち上げられてました。明けて2012年。1枚目の写真と同じ場所ですが、教会ではなく上流の朝日に向かうとこのように堰が見えます。綺麗な朝焼けの中、街の中心へ。ヴェッキオ橋から朝日に照らされる上流を眺めると右手の奥にミケランジェロ広場のある丘。その向こうから日が昇り始めています。朝日に照らされて少しづつ輝き始めるフィレンツェの街。見たことのある景色は、絵はがきの定番、ミケランジェロ広場からの眺めです。ミケランジェロ広場に立つダヴィデ像(ブロンズ複製)と初日の出。快晴の年明けとなりました。色々問題を抱えるイタリアですが小さな希望の集まった一年になりますように。…
Via ameblo.jp

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中