ラッキー博士 日本へ贈る一視点 低線量被曝は健康によい。- ラッキー論文というのは放射線の分野ではしらぬ人はいない論争ネタです。

Via Scoop.it地球のつながり方 震災・原子力事故

底レベル放射線を浴び続けてもほんとうに大丈夫なのでしょうか? ラッキー博士 日本へ贈る一視点 低線量被曝は健康によい。
トーマス・D・ラッキー博士
http://luckey-okurimono.seesaa.net/ トーマス・D・ラッキー博士の「東日本大震災関連の論文」
http://blogs.yahoo.co.jp/kgjbb/20875198.html    – ほんとかな?

– ラッキー論文というのは放射線の分野ではしらぬ人はいない論争ネタです。低線量被爆で放射線ホルミシスなる「健康に良い」効果があらわれる、という趣旨の学説で、放射線が少々あっても大丈夫、という風につかわれます。   放射線の関係者もそうでない人も、いまごろ、低レベル放射線被爆の研究アーカイブをひっくり返しているでしょう。喫煙のガン罹患相関関係とおなじで、保険リスクの線引きにつかわれて、保険補償額に反映されるのでみんな血眼なのです。
Via luckey-okurimono.seesaa.net

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中