この度、復興まちづくり推進員の活動を振り返り、今後のついてみなさんと議論していく機会を企画しました。

Via Scoop.it地球のつながり方 震災復興

この度、復興まちづくり推進員の活動を振り返り、今後のついてみなさんと議論していく機会を企画しました。
是非ご参集ください。なお、内容につきましてはまだ暫定的な部分もありますので、修正されることがあります。予めご了承ください。 【報告と鼎談】「東日本大震災における復興まちづくりの展望」 主旨:
被災地における復興まちづくり推進員を振り返り、鼎談を通じてその役割の可能性について議論していく。また「復興まちづくり」の課題を整理し、地域コミュニティ組織の活動支援のあるべき方向や姿についても検討していく。 開催要領
(1)日時・会場・申込み方法等
①日時 平成24年1月30日(月)19:00~21:00(開場18:30)
②場所 エルソーラ仙台大研修室(アエ28階)
〒980-6128 仙台市青葉区中央1丁目3-1 TEL.022-268-8041
③定員 50名 (無料)
④主催:復興まちづくり推進協議会、
後援:河北新報社(仮)、東北圏地域づくりコンソーシアム推進協議会
⑤申し込み suzutaka@myu.ac.jp (鈴木まで、お名前と所属を記入の上)
1/29日(土)正午まで事前申込みください (2)プログラム/講師(敬称略)
挨拶・・・佐藤廣嗣氏(宮城大学副理事長)
主旨説明:復興まちづくり推進協議会紹介 鈴木孝男(復興まちづくり推進協議会、宮城大学)
①【第一部 現場からの報告】
地域コミュニティの再建に向けた支援活動
~復興まちづくり推進員の6か月の奔走を振り返る~
1.プロローグ 津波の絵本をもとにした紙芝居・・・南三陸町 工藤真弓推進員
2. 活動報告(1)南三陸町・・・後藤一麿推進員
3. 活動報告(2)東松島市・・・黒田みえ子推進員
4. 現場報告「記者から見た地域コミュニティの今(案)」古関良行氏(河北新報記者)
②【第二部 鼎談:これからの復興まちづくりの展望と支援体制の構築に向けて】
伊藤和彦氏(宮城県震災復興・企画部長)
新川達郎氏(同志社大学大学院総合政策科学研究科)
櫻井常矢氏(高崎経済大学地域政策学部、東北こんそ、コーディネーター)

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中