こいぬの描きかた

Via Scoop.it地球のつながり方 旅の本編

本日最高気温1℃、最低気温-8℃、晴、午後小雪なんと1月なのに最高気温が氷点上というとんでもない暖かさでニュースになっています(笑)。心もうきうきする気温のせいか、外を楽しそうに歩く人がたくさん♪雪が融けて濡れた歩道がキラキラしています。さて、昨日の写真でわかった人も多かったようですが(笑)先日、MIAで悩んだ品、ミネアポリス美術館そんなこと、すっかり忘れておりまして(笑)で、いつもの如くふらりと寄った時に思い出しました(笑)。MIAのポップアップ公園すっかり出来上がりました。外との対比が笑えます(あはは)。で、買いました。どさっと数冊(笑)北斎漫画とかこのサイズにする必要性をあまり感じないのだが元プリントよりも大きいサイズのものが多いし、デザイン的に面白いので持っていても良いと思いました。ハードカバーは売っていなかった(紙の質感良し)。まぁ、値段(安い)から考えるとお買い得かと思う。面白いのがぶんまわし(コンパス)を使った描き方。ぶんまはしにてこいぬをかくのはりょくよくほんもんとひきくらべかくべしオオいぬは角と丸とこんざつしてしてかくの法もつともすじひきのところと、まるのかたちと、もちあはせてするのところをこころをつけべしコンパス、どこになおしたんやったっけ?つか、持ってるんか?コンパス中心がハリとちゃうコンパスが欲しい。雪中の書き方とか色々参考所満載です。去年年末から浮世絵や版画づいているMIA売店に良い本がたくさん入荷しています。欲しいもんだらけ。色々な絵師が同じテーマをあつかったものを並べて比べると、やはり北斎、歌麿の才能は恐ろしいほどに秀でている。喜多川歌麿そんなに好みではないがさぶイボが出る才能。歌川喜多麿ではない(爆)。ジョン・ベンソンとかジャイケル・マクソン?そして北斎もやっぱりタコいっときます(笑)。清長、広重、国芳、豊国、芳年もすばらしいし才能あふれる絵師だとは思うが、桁が違う。毎日見るなら広重が良いが(あはは)。写楽がもっとたくさん色んなテーマで長期間作品を発表していたらどんなやったやろね。ふーーーむ。ぶんまわしで十兵衛をかくの法↑ドットで十兵衛をかくの法結局買うたんかい、ま、昼飯抜けよとポチおねがいします↓人気ブログランキング↓こちらも一日ポチ善↓日本ぶろぐ村アメリカ中西部…
Via jubeminnesota.blog20.fc2.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中