昨日、あるフランス人カメラマン(フリージャーナリスト、31歳)が書類送検となった。理由は福島第一原発20キロ圏内の不法侵入。 Photos of 脱原発アピールの黄色いリボン Yellow ribbon against nuclear power | Facebook

Via Scoop.it地球のつながり方 震災・原子力事故

脱原発アピールの黄色いリボン Yellow ribbon against nuclear power
今朝のNHKと読売が発表した通り、昨日、あるフランス人カメラマン(フリージャーナリスト、31歳)が書類送検となった。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120127/t10015567291000.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120126-OYT1T01023.htm
理由は福島第一原発20キロ圏内の不法侵入。
今まで、このような行為は、ただの「注意」程度で済んでいたのに、刑事責任が問われるのは初めてだ。私は、在日フランス人として、個人的に、このようなジャーナリストをむしろ自国の誇りと思っている。そして、刑事告発の取りやめを求める。
このジャーナリストと一緒に、彼に雇われた静岡県出身の日本人男性(アルバイト、23歳)ら5人も送検となった。
双葉警察署は「帰りたくても帰れない住民がいるなか、悪質と判断した。今後、パトロールを強化していきたい」と話している。
全く関係ない話だ。住むために帰れない方々と、世界に真相を知らせるために取材を行う人は、侵入の意味が全く違うだろう!むしろ、人が戻れない所だと実証するための取材だ。時には法律の線を越えたとしても、誰かが世界にあそこの線量の酷さを知らさなければならない。今まで、多くのジャーナリストが問題なく、この「法律の線」を越えて取材して頂いた。
例えば、山本宗補氏の以下のブログでも20キロ圏内の写真と測定を収めている
(12月29日、「どこを計っても高い大熊町内(警戒区域)の放射線量」)。
http://asama888.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-4ff0.html
世界の市民にとっては、貴重な測定だ。その中のひとつ、添付写真をご覧ください。大熊町で、1メートルの高さでも65mcsv/hを測っている。年間に直すと、なんと約500mlsv/y (→2年で1sievert=確実死) !!
たしかに、国と東電は知られて欲しくない事実だろうね。なにしろ、2012年4月以降、国は20キロ圏内でも帰還を許す方針だからね。空気線量50mlsv/y 以下という条件付きだ。この条件はすでに考えられないほど高いが、本当のところ500mlsv/yを越える場所があると知られたら、非常にまずいに決まっているね。国が好きなように計って、除染に効果があったと報道した後、みなを帰らせるつもりだろうね。妊婦も、子供も。
(警戒区域の見直し予定について:
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/557.html
(日本語)
http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20111222-fukushima-tokyo-va-revoir-le-perimetre-zone-interdite
(フランス語)
しかし、このフランス人記者の告発に関して、最も矛盾する事実がある。それは実際、20キロ以内にまだ住んでいる方11人(50代~90代)もいるという事実。
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011501001387.html
彼らだって、買い物などのために出入りしているに決まっている。しかし、もちろん刑事責任を問われていない。じゃ、なぜ、このフランス人記者を罰するのだ?
そしてなぜ、フランスのニュース、マスコミ等では一切報道されていない?
そして最後に、フランス大使館だって、「在日フランス人を守る立場」にあるのに、なぜこの事件について一切報道していない?
日仏原子力ムラの情報統制は見事ですね・・・。
Via www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中