コメ:6市町で作付けへ 相馬市のみ見送り Nagi Wind’s Photos | Facebook

Via Scoop.it地球のつながり方 震災・原子力事故

コメ:6市町で作付けへ 相馬市のみ見送り 観光名所の霊山を背に、「この自然を守るためには(作付け見送りも)仕方がない」と話す後藤義昭さん=福島県相馬市玉野で2012年3月8日午後2時26分、町田結子撮影
昨年産米の一部から1キロ当たり100ベクレル超500ベクレル以下の放射性セシウムが検出された地区について、福島県7市町のうち6市町が、今春もコメの作付けを行う方針を決めた。農林水産省は農地の除染や全袋調査を作付けの条件としており、各市町は6月までに食品の新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えたコメの流通を防ぐための計画をまとめる。 同地区で作付けするのは福島、伊達、二本松、本宮の4市と桑折(こおり)、国見の2町。本宮市は「作付けをしないと農業の担い手がいなくなる」、桑折町は「特産品の桃にも風評被害が出かねない」と説明する。これに対し、7市町のうち唯一、該当する玉野地区での作付けを見送る相馬市は「12年産でもセシウムが出る可能性は否定できない」という。http://mainichi.jp/select/science/news/20120309k0000m040060000c.html 
Via www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中