“ソーシャルメディアとは何か”をきちんと捉え直すためのヒント:海外のウェブ戦略情報から見る『今やるべき最新WEB活用法』:ITmedia オルタナティブ・ブログ

Via Scoop.it地球のつながり方 震災・原子力事故

このように、ソーシャルメディアとはあくまでチャンネルの1つに過ぎず、Twitterなどはその「場」の1つに過ぎないと言えます。

そこで、その前提と「このチャンネルの重要度がどんどんと増している」という事実を踏まえた上で、御社としては

どのようなコミュニケーションを買い手と取りたいか(率直に商品の情報なのか、使い方のサポート情報なのか、セールの情報なのか…etc)
その中でどのようなメッセージを伝えていきたいか(安い速い手軽なのか、丁寧親切なのか、高級感なのか、などなど)

について、一貫性を持った方向性を打ち出し、その上で

どのサービスを主な展開の場とするのか
そのサービスを使う上でどのような体制を取って、どんなツールを使うのか(使わないのか、作るのか含めて)
何を以て成功の指標とするのか
他のチャンネルと、どうシナジーを生み出していくか
参入する前にどのような調査とノウハウが必要か

を考えていく流れを取るのが良いかと思います。

書籍やサイトなどでよく紹介されている他社の成功事例やノウハウは、一端このあたりまで考えた上で「方針にあっていて使えそうな物は取り入れていくという」姿勢をオススメします。

こと、ソーシャルメディアに関しては

変化の速度が速いので、情報の鮮度が非常に重要(古い情報が今も役立つかは微妙)
人対人のやりとりが多く、担当者の属人性が非常に重要だが、そのような暗黙知は余り表に出ない、可視化されてでてこない
業種業態で非常にケースバイケース
同じ事はさんざんやり尽くされていて焼け野原になっていることがある

などの要因があるので鵜呑みは危険です。

Via blogs.itmedia.co.jp

広告
カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中