インゲ・シュミッツーフォイエルハーケ女史とドイツ放射線防護協会会長プフルック・バイル博士を迎えて「フクシマ、ヒロシマ、ドイツを考える」講演と懇談会 Michio Ueda’s Photos | Facebook

See on Scoop.itJapan Now 1 地球のつながり方 震災・原子力事故

世界で始めて「内部被曝」を告発された、インゲ・シュミッツーフォイエルハーケ女史とドイツ放射線防護協会会長プフルック・バイル博士を迎えて「フクシマ、ヒロシマ、ドイツを考える」講演と懇談会。(NPO法人「市民と科学者の内部被曝問題研究会=ACSIR」主催)

ー広島:6月26日:広島市まちつくり市民交流プラザ〔北棟6F)18:00~
ー京都:6月28日:キャンパスプラザ京都2Fホール 14:00~
ー東京:6月29日:文京区民センター 18:00~

See on www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中