放射能防護の仕方 Informative and helpful information.

See on Scoop.itJapan Now 1 地球のつながり方 震災・原子力事故・紫陽花運動・原子力賛成反対対話

cmk2wl様がツイートされた放射能防護の仕方をまとめたもの 追記:食品編追加しました…   

Informative and helpful information.

This is from appendices of “48 ways for protecting from radioactives” by cmk2wl cited below (widely shared).
This explains why 20mSv is enevitablly selected as the standard.
(Nuke village MEXT, MITI acc

ordingly Government surely determine the standard inversely in the sense of economical sustainability. So people should protect ourseles in the sense of DNA
sustainability from “the internal emitter” which is neglected by NUKE Village intentionally. This is critcal for the national future especially for younger generayion. It takes at least 25 years to realize the truth as Chernobyl revealed clearly in 2009. It is NOT started in Japan yet.)
補足
●3/15日16日21日に東京にいたのなら、3000μSvの被曝をしているとして、日常生活で算出した値を+する。 0.3μSv/hの環境に一日8時間いたのなら (2.4μSv × 約240日分)+3000μSv= 3576μSvの被曝 つづく

補足その2
●東京の場合、海外の気象予測からこれまで約47日フォールアウト(死の灰)が降下している。この時の被曝量を一日10μSvと仮定して 470μSv 上述した3576μSvと合算すると 4046μSv。 大まかな計算だが、何かを指標にするしか方法はない

補足その3
●本郷キャンパス東大アイソトープ研究所の測定では、呼吸で一時間に約0.5μSvの被曝をしている。(これは内部被曝なので、実効線量とすれば数値ははるかに大きくなる)マスクをしていなかった場合には、外出時間に240日を掛けて。上記の数値に加算する。

補足その4
●品川区民の場合は、11月26日の空間線量からみて、+1700μSvする。 3月は放射性ヨウ素が8万ベクレルもあったので、これもある程度斟酌するとよい。

補足その5
●道路で仕事をする職種(バイク便など)の場合は、一時間の走行で 4.3μSvの被曝をしている(実際には内部被曝もかなり)走行時間に掛けて、合算する。

補足その6
●ここまで、実際の数値と控えめな数値とをまぜて提示しましたが、3/15からまったく防護をしていなかった場合は、20000μSv(20ミリシーベルト)に限りなく近づいていると想像します。国が20ミリシーベルトを暫定基準値にしようとした意味が…。
See on togetter.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中