わがふるさと(6) Photos of 地球のつながり方 – フランス | Facebook

See on Scoop.itJapan Now 1 地球のつながり方 震災・原子力事故・紫陽花運動・原子力賛成反対対話

わがふるさと(6)

その夜遅く、私は兄と二人だけになって、放射能汚染について話し合った。その時兄が言ったことは、私にはとてもショックだった。それは原発の近くに住むある酪農家の話だった。私は翌日、念のためにいろいろな雑誌を読みながら、彼の事件を詳しく調べた。その事件は次のような内容だった。
福島原発の近くの小さな村に、ある酪農家がフィリピン人の妻、二人の息子といっしょに平和に暮らしていました。彼は四十頭の乳牛を飼いながら、妻と二人で毎日一生懸命に働き、二人の息子にも恵まれたので、家族みんなで幸福に暮らしていました。ただ子供達がまだ小さかったので、その生活費を何とか稼ぎだそうと思い、借金をしながらも、新しい作業場を建て、酪農の事業を拡大していきました。さらに小学校に入学する息子のために、新しいランドセルを買って、四月の入学式を楽しみに待っていました。

しかし三月十一日に起きた地震と津波が原因で、福島原発が突然爆発しました。原発から漏れ出たセシウムは、毎日毎日雨風に流され、村や田畑や森林を静かに汚染していきました。その汚染は目で見ることもできず、耳で聞くこともできず、鼻で嗅ぐこともできません。そして彼が毎朝与えていた餌に原因があったのか、それとも飲み水に原因があったのかよくわかりませんが、知らず知らずのうちにセシウムが牛のからだの中へ入りました。その結果、牛達のミルクには基準値以上のセシウムが含まれたのです。出荷できなくなったそのミルクを、彼は毎日毎日捨てなければいけませんでした。
牛だけではなくて子供たちにも放射能が危険だと知ったので、彼は妻と息子をフィリピンへと避難させたのです。そして彼は、あんなに楽しみにしていた息子の入学式を見ることができませんでした。でも彼は家族の生活費を稼ぐために、ひとり村に残って、また酪農の仕事を一生懸命に続けたのです。それでもミルクに含まれるセシウムはいっこうに減らず、ついに酪農をあきらめ、自分も家族といっしょに暮らすため、フィリッピンへ出発したのです。しかしフィリッピンに行っても、彼は英語もタガログ語も話せなかったので、仕事を見つけることができません。そして結局、彼だけが一人日本へ戻ってきたのです。でも牛達も家族も村にはもういません。彼は根っこを失くした1本の木でした。

「原発さえなければ」
 
と黒板に書き残し
 
作業小屋で亡くなられた
 
福島の酪農家

享年54歳

Ma ville natale, Fukushima (6 )

J’ai parlé de la contamination radioactive avec mon frère. Ce qu’il m’a dit sur le suicide d’ un laitier fut un grand choc pour moi. J’ai examiné les détails ,en lisant beaucoup d’articles dans la presse. Voici ce que je peux en dire aujourd’hui. 
Un laitier habitait dans un petit village près de la centrale nucléaire de Fukushima avec sa femme d’origine philippine et ses deux fils. La famille était très heureuse, puisqu’ils possédaient une quarantaine de vaches et travaillaient ensemble chaque jour. Il a construit une nouvelle étable pour gagner plus d’argent, parce que leurs fils étaient très jeunes.
Un cartable neuf avait été préparé pour la cérémonie d’entrée à l’école primaire de l’aîné qui se déroule en avril lorsque les fleurs de cerisiers s’épanouissaient autour de la cour d’école. 
Mais il y eut cette explosion à la centrale 
nucléaire de Fukushima, suite au grand tsunami qui a frappé la région le 11 mars 2011. Le vent dispersa du césium à travers les champs, les forêts et les montagnes autour de son village. Les rivières ne furent
pas épartagnées. Le lait de ses vaches fut 
ainsi contaminé par l’eau qu’elles buvaient.
Chaque jour il dut jeter ce lait. Inquiet pour la santé de sa femme et de ses deux fils, il les fit partir pour les Philippines au milieu du mois d’avril. Ce fut avant la cérémonie d’entrée à l’école primaire. 
Il est resté tout seul et a continué son travail à Fukushima. Au bout de quelque temps, il a finalement renoncé et a rejoint sa femme et ses fils aux Philippines. Mais là-bas, il ne comprenait pas la langue et ne put trouver de travail. Donc il revint à Fukushima en mai. Il n’y avait plus aucune vache, ni sa famille dans le village.

Le laitier 

A laissé ce message : 

« Si la centrale nucléaire

n’avait pas explosé… »

Il avait cinquante quatre ans.
See on www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中