医師としては許せぬブログ

See on Scoop.itJapan Now 1 地球のつながり方 震災・原子力事故・紫陽花運動・原子力賛成反対対話

他のブログへの批判は避けなくてはいけないと自戒していますし、△院長への批判も少々後味が悪かったのです..

「(ほぼ確実にリスクが存在するものの)存在がまだ確定はしていない」→「存在しない」

という論理のすり替えが、悪魔医者や為政者、新興宗教団体に金を渡して原発賛成キャンペーンを行う少数の既得権者達の常套手段だ、という認識を、とことん広めていかねばならない、というのが事の本質だと思います。

-幸福の科学や、「放射線・放射能リテラシー」グループのメンバーに典型的にみられる、放射線を浴びても安全だ、という主張は、

「ビルから飛び降りても助かった人がいるから、安心して飛び降りてください」

というものに近い、と考えます:
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070909

極 端な主張をするトリックスター役を、何者かから何らかの条件で指示されているとしても、個人個人の良心に従って行動、発言することができないのなら、世界 最悪企業と表彰された東電(内部から瓦解して欲しいが有為な人材から先に辞めるだろうなぁ)と似たようなもので、まったく同情に値しませんです。

See on d.hatena.ne.jp

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中