【尿検査と、血液検査を基本とした自己防衛】Kitagawa Takashi’s Photos – Kitagawa Takashi | Facebook

See on Scoop.itJapan Now 1 地球のつながり方 震災・原子力事故・紫陽花運動・原子力賛成反対対話・遺伝子組み換え食品

【尿検査と、血液検査を基本とした自己防衛】

セシウムとストロンチウムの被曝量は、
完全相関であることが知られている。…

Tikyu Tunagari‘s insight:

【尿検査と、血液検査を基本とした自己防衛】

セシウムとストロンチウムの被曝量は、
完全相関であることが知られている。

プルトニウムは、そこまでは、高濃度のままでは、飛んでいないとされる。低濃度であれば、それは、ハワイでも、アメリカ西海岸でも観測されている。バックグラウンドよりも高いか低いか、福島由来かどうかは、Pu239とPu238の比率を調べれば分かる。

さて、若年層の突然死の報告が、いくつもある。こういうケースは、放射能由来以外にも「食生活を含むライフスタイルの偏り」からも、従前からみられていたこともあり、各所でその原因を巡って、炎上もどきしまくっている。

あと、3.11から、3年が経ち、ボランティアベースのプライベートメディアの存続が、次々と危機を迎えている。どこも、存続のためのマネタイジングに苦しみ始めている。(個人蓄財持ち出しのボランティアベースのところは、ほぼ例外なく・・・)

ある種の、焦りと混同が、状況をよりわかりにくくさせている。
チェルノブイリで発見された、バンダジェフスキー基準を超えているところは、それほどあるわけではない。(ムラは、一切認めていない。放医研基準とは、1000倍以上違う。)

福島は、高線量で逃げいていないので、チェルノブイリを超えることは、ありうるとして(この根拠は、こどもの甲状腺癌の発症数のみで十分。つまり、「白」は無い。また、国際機関は、それ以外因果関係を一切認めていない)、現実、内部被曝防護は、ムラとマスメディアの情報隠蔽(しているつもりなだけの裸の王様だが)とは裏腹に、極めて厳格に(自主的に)実施されている。
驚くほど、皆、食べていない。(自主栽培や、野生の被曝食材を日常的に食べている人が、極めて少ない。)

具体的に、尿検査のCs検査結果で、バンダジェフスキーの要警戒域、危険域を超えている事例を見聞するケースは、ほとんどない。
とはいえ、その(尿検査)実施状況は、極めて僅少である。

チェルノブイリの25年のノウハウを持ちながら、それを生かしていないのは、一般市民側も、同レベルだ。

明らかな、(20mSv/yearを超えるような、放射能管理区域の4倍以上)高線量地は、別として、それ以外の場所での危険性の実態はどうなのだ?

血液検査は、由来は不明なれど、抗酸化力の実態は把握できる。
そして、保養は、チェルノブイリの経験から、あるいは、日本の避難の経験から、「効く」のだ。

これだけ(とにかく食べない、尿検査、血液検査、保養)で、チェルノブイリの結果は、相当の防護可能性を示している。

ホットスポットを避ける(吸わない、接触しない)。
食べない、飲まない(経口内部被曝)。
体調が崩れたら、尿検査(Csダイレクト)、血液検査(抗酸化力)。

警戒域(バンダジェフスキー基準)に入れば、保養。

これだけのことで、相当防護されるはずだ。(チェルノブイリのようにはならない。)

ところが、現実には、これだけ、情報が回っているにもかかわらず、どんなに不安な状況になっても、尿検査を受けない。(従って、実施する医療機関も僅少。)

福島第一原発の事故処理に入り、3種類の癌を併発しても、その因果関係は認められないのだ。命を賭した、そして現実に落とした、吉田所長の食道がんですら、その因果関係は認められないのだ。

一般市民に何が起ころうが、認められるはずが無い。

しかし、一般市民は、徒に、不安を煽り、相互に罵り合うのみで、建設的な、防護体制を敷こうとはしない。

この体制は、ボトムアップにしかできない。

尿検査結果:大半がN/D(0.047Bq/Kg以下)
検出された人で、関東域0.1〜0.3Bq/Kg程度。
福島県のサンプルは少ないが、1〜2Bq/Kgレベルの結果がある。
バンダジェフスキーの警戒域は、5〜10Bq/Kgからスタート(年齢による)
Source: http://www.keitousagi.com/
事例:福島県白河市6歳女児
セシウム尿検査結果 セシウム134:0.68Bq/Kg
セシウム137:1.35Bq/Kg
検出限界値 0.23Bq/Kg
検査測定日 2012年04月25日
測定会社 理科研
感想:「まさかこんなに高い値がでるとは思っていませんでした。
正直まわりの人の言うことを信じて何にも対策をしていませんでしたのでN/Dではないのは覚悟していましたが、ショックで言葉がでません。
娘に申し訳ない気持でいっぱいです。
これから甲状腺検査もしたいのですが、どこへ行けばいいのかだれも教えてくれません。」

写真:東京近郊の尿検査結果(セシウム134、137合計)報告の様子。

See on www.facebook.com

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中