電力輸出、「今週の数字」に格上げ クリマレッター・インフォ、2014.12.21より

Source: www.facebook.com

電力輸出、「今週の数字」に格上げ クリマレッター・インフォ、2014.12.21より
(日本語訳をコピペする場合は引用元Mikako Husselを明記してください)
ドイツ連邦統計局は年末にふさわしく、エネルギー政策にとって重要な「今週の数字」を公表した。ドイツは昨年、輸入量をはるかに上回る電力を輸出し、計34.9テラワット時の余剰を記録した。2010年の17.6テラワット時と比べると余剰電力は約2倍となり、2013年の総生産量634テラワット時の5%以上を占めている。
最大輸出先はオランダ、オーストリア、そしてスイスである。この数字は既に今年の夏に公表されていた。2013年の余剰電力は過去数年のトレンドを中断なく継続するものである。既に2009、2010、2011、そして2012年にそれぞれ最高記録行進をうわさされるような電力輸出が報じられていた。アゴラ・エネルギーシフト研究所の電力市場データをみるる限り、今年も同様の記録が出ることだろう。
こうした変化のない事実関係を前に、再エネ法に則り送電網への電力供給において再エネ優先にすることで、電力輸出が石炭火力及び原子力エネルギーの決定的な販売先になっているという結論はいまだに緊急課題である。この融通の利かない伝統的な電力は再エネ拡張の進行と共にどんどん不必要なものとなっていく。
エネルギー生産を「古い」エネルギー源から離れて将来も確実にするための戦略はほかにもある、とエネルギー及び水資源経済連邦団体BDEWのプレスリリースは示している。暫定的なデータによれば、2014年はガスに並んで電力消費量も前年比で減少していた。温暖な気候と経済成長の鈍化を除けば、消費者の節約及び効率改善に前年比4%の電力消費量減少の原因がある、とBDEW。

放射能防御プロジェクト ヨーロッパ支部
https://www.facebook.com/groups/256282161066976/

See on Scoop.itJapan Now 1 地球のつながり方 震災・原子力事故・紫陽花運動・原子力賛成反対対話・遺伝子組み換え食品

カテゴリー: Non classé パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中